So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

お洒落な気取り屋さんのための四角い水差し [物]


お洒落な気取り屋さんのための四角い水差し


ちょっと変わった水差しを作りたくて、
頭を捻りました。


四角い水差しです。


私の手織りの布に置きました。

vcggfgf_mo.JPG



2種類の土を混ぜたら、
微妙な色が出来上がりました。



轆轤は使わず、
板作りもせず、
ひたすら、手の感覚だけを信じて作りました。


その証拠に、
そこここに指の跡が残っているでしょう?


これもアクセントということにしました。

v67rttr_mo.JPG





蓋と注ぎ口は本体とは違った土で作って、
コンビカラーにしてみました。

qrewrwe_mo.JPG

q56rt_mo.JPG

本体との繋ぎ目に模様をつけて、
革細工のステッチのように仕上げました。


ちょっとお洒落で目立ちたがり屋さんでしょう?


それぞれの形自体の面白さにもご注目いただけると
大変嬉しいです。


vrtytrytryrt_mo.JPG

v65ttrtr_mo.JPG






ところで、
この水差しは肩がちょっと尖っていて、
突っ張っている感じがしませんか?









そして、
この水差しにはわざと把手をつけていません。


だから、
この水差しは両手で優しく包むようにして持って、
丁寧に取り扱ってやってくださいな。


vytyt687678_mo.JPG





ほら、
一生懸命に尖って頑張っている人って、
本当は、
ものすごく繊細で傷つきやすい心を持っているし、
本当は、
ものすごく寂しがりやで、甘えてみたくて・・・


ねえ、
そうじゃありませんか?


この水差しの四角い胴体には、
誰にも見られないように、
そっぽを向いて流した涙が貯められているのでしょうか?


だったらねえ、
そおっと蓋を開けて、
中を優しく濯いで、
清らかな美味しい水をいっぱい満たしてやりましょうか。


v453sdfdrtg_mo.JPG









一生懸命に努力しても、
なかなか思うようにいかないのが人の世の定め。


土を捏ねて、
自由に形作り、
それに好きな色をつけて焼くというのが
陶芸の楽しさですが、
その自由なはずが、
なかなか思うようにいきませんね。


知らず知らずのうちに凝り固まってしまった脳みそ、
勉強不足、技術不足の腕前、
そして、予想もしない失敗。


狙って作った作品が思うようにいかないことも沢山ありますが、
狙った通りに出来上がることも、極々たまさかにあり、
そして、
失敗だと捨てていたのに、
友人がお節介にも焼いてくれたら、
これが思わぬ上出来だったり。


そんな予想もつかないことこそが、
陶芸の楽しさです。


人生もそんな風に考えれば、
案外楽しめそうな気がする、
そんな八十路の毎日です。






本体のサイズ

vghfiuoiuo_mo.JPG

蓋のサイズ

q54rfdrre_mo.JPG

v65gffgdgdf_mo.JPG










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

スポンサードリンク